この記事をシェアする!


第Ⅰ回短答式試験に向かって、成長の階段をもう一段上がらねばならない時期を控えている。今一度、目標を明確にし、結果を出すためにどのように行動すべきか、考えよう。

結果が出る人と、そうでない人との違いはなんだろうか?強い意志、ストイックな努力、運、才能…。様々なものが浮かぶだろう。

努力しているのに、結果に繋がらない人の特徴として、手順(プロセス)ばかりを重視しているように感じることがある。例えば、計算科目の問題解答にあたって、手順を覚えることに終始し、計算の意図ではなく解答の数値に合わせるような学習をする。理論テキストをとりあえず覚えようとする。「論点を克服する」という目標が明確でなく、作業のような学習をするから、そのうち飽きてしまう。そのような行動原理では成長に繋がらない。成長とは、「出来ないことを、出来るようにすること」である。何が出来ないのかを見極め、もっと良くなりたい、もっと上に行きたいと、更に努力を重ねる、「目標を明確にした正しいプロセス」が大切なのだ。

一方、結果ばかりを追い求める人もいる。そのような人にありがちなのが、マイナス思考に陥ることだ。ミスを気にしすぎ、出来なかったことに捉われてしまう。誰でもミスはしたくないものだ。しかし、失敗とは、自分の課題を見つけ、成長のための足掛かりとなる契機なのだ。結果を出す人はミスを恐れない。弱点を克服し、成長を繰返そう。チャレンジを躊躇うな。チャレンジしてこそ得られる結果がある。

皆さんは、「目標を明確にした正しいプロセスで」結果を出すために、今ここにいることを忘れてはいけない。目標を見失うことなく、結果に繋げることに注力しよう。

『COMPASS』のバックナンバー
『資格の大原』会計士講座のご紹介

この記事をシェアする!